1日1レネクトン

1日1回レネクトンについての何かを書くブログ

ゲームの進め方

2回目の今日は、レネクトンのゲームの進め方について書きたいと思います。

 

1.レーニング

レネクトンはレーンで強く、レーニングフェーズでどのくらい対面より強くなれるかで今後の活躍の度合いが決まってきます。一部の相手を除き、ほとんどのチャンプに五分以上の相性をとれ、そのような相手に対してはこの段階で差をつけておきたいです。

レーンは基本的にプッシュします。対面にロームを許さず、JGのガンクを避けれるようにワードを奥に刺しておくことが理想です。プッシュしておくことによって、味方のJGの動きに合わせやすくなり、ボットなどの離れた位置へのTPもしやすくなります。また、Qで敵チャンプとミニオンを巻き込むことにより、HPを回復できレーン維持をすることができます。対面のHPを十分に削ったら、敵のJGの場所を確認したのちにダイブしてもよいでしょう。レーニングの細かなポイントは明日書こうと思います。

 

2.中盤以降

トップのタワーが折れた後は、TPがある場合は目標とするオブジェクトの対角にあるレーンをスプリットプッシュ(1人で素早くレーンを押し上げること)します。レーンで充分に差をつけれているならば、敵はレネクトンに対して1人でタレットを守ることは難しくなっているので、複数の人数を対処に割かなければなりません。その時に、味方はオブジェクトにアプローチすることができます。ベストなのは、複数の敵が自分の方に寄ってきたタイミングでオブジェクト近くにTPすることです。これはバロンを取るときに有効な戦術になります。

TPがない時は、オブジェクト近くのサイドレーンをスプリットプッシュしていつでも寄れるようにしておきましょう。

 

3.集団戦

集団戦に参加する時、レネクトンはTPで敵の後衛に飛び込むことが多いです。この時、できるだけEは温存し、敵のキャリーがフラッシュや移動スキルを使ってから使うようにした方がいいです。Eを避けられると、とれる選択肢が一気に狭まってしまいます。気をつける点といえばそれくらいで、敵キャリーにスキルを全部当てて殴ればいいと思います。ただ、味方のキャリーがピールを必要としていて、かつ彼らを守りきれば勝てる構成の時は敵の前衛の対処に向かうのも有効です。構成や誰が育っているかを確認して、集団戦前にある程度プランを立てておくといいと思います。

 

明日からはここらへんの内容を深く掘り下げたいと思います。明日はレーニングについて書きます。もし暇だったら動画を添付するかもしれません。

レネクトンとは

今日は、初めての記事なので、初歩中の初歩である「レネクトンってどういうチャンプなのか?」について書こうと思います。

レネクトンはADファイターのトップチャンプで、スキル構成は以下のようになっています。

 

パッシブ フューリーゲージによるスキル強化

Q 範囲攻撃 回復

W 単体スタン 通常攻撃扱い

E 短距離リープ 2回使用可能

R 巨大化 HP・射程増加

 

やはり特筆すべき点はパッシブスキルのフューリーによるスキル強化で、どのタイミングでスキルを打つのかがこのチャンプをうまく扱う鍵になっています。そんなレネクトンの長所と短所はこんな感じです。

 

長所

・レーンで強く、ガンクも避けやすい

・ADファイターの中では集団戦が強い

・火力からタンクまである程度こなせる

・ビルドの幅が広く、チーム構成に柔軟に対応できる

 

短所

・レーンでは遠距離チャンプに弱い

・レーンで負けると役割を持ちづらい

・器用貧乏

 

味方の構成に合わせやすいので、無茶な構成になりづらいのは大きな利点だと思います。ただし、対面が遠距離チャンプだと本当にキツイ(ティーモ クイン ケネン ブラッドなど)上、レーンで負けるとできることが少なく、先出しするのはかなりリスキーになってしまうので注意が必要です。

 

明日はレネクトンのゲームの進め方について書きます。